ドッグフードの心配事

犬がドッグフードを食べてくれない時、飼い主は混乱します。いつも元気に食べている犬ほど、そういう時心配になってしまいます。しかし、自分のことに置き換えて考えてみると、ドッグフードを食べてくれない理由が分かります。犬も人間のように色々な考えや想いをもちながら生きています。それなのに「犬だから」と言って甘く見てはいきません。犬の気持ちを全て理解することは難しいかもしれませんが、少しだけ考えてみることによってヒントが分かります。

ドッグフードを食べない理由として考えられるのはいくつかあります。その中で気まぐれがあります。つまり、ご飯を食べたい気分の時は元気に食べて、食べたくない気分の時は食べません。全く食べなかったり、少しずつ食べたりします。人間も、気まぐれでご飯を食べる時があります。たくさん食べたい日とそうでもない日があると思います。犬もそれと同じなのです。そのため、ドッグフードを食べない時は様子を見ることが大切です。

様子を見ても食べない時は、体調が悪い時です。それもドッグフードを食べない理由の1つです。体調が悪い時は、食欲を無くしてご飯を食べません。犬の体調不良に気が付いてあげることは難しいです。人間は顔色から判断しますが、犬はそれができません。体調が悪い時は、ご飯を食べなくなったり寝ていることが多かったりと行動で示します。それに気が付いてあげることが大切です。そして、早めに病院に行って治してあげましょう。